海苔で元気モリモリ!乳幼児食への活用ガイド

子供たちが大好きな海苔。ここでは3歳くらいまでのお子様を対象として、食欲の喚起や健康的な味覚の形成に、手軽に使える「海苔」の上手な活用法をご紹介いたします。※3歳から8歳くらいまでのお子様の食育には「手まきごはん」をご活用ください。

おいしいヒミツは?

まんが左
まんが右
うまみ親子うまみ海苔
  • 海苔はなるべく口どけのよいもの(下記参照)をお使いください。
  • 詳しい使い方は下記の「海苔の使い方ガイド」をご覧ください。
  • 食べ方には個人差がありますので、無理には与えず、欲しがるからといって与えすぎないようにしてください。
  • 子供ひとりで食べさせず、食べ方を見守りましょう。
  • 便に出ることがありますが、心配はありません。便の状態をみながら少しずつお試しください。
  • 海苔は一般にエビ・カニの生息する海域で採取されています。

うまみについて

海苔には、和食の代表的なだし食材である、こんぶ、かつお節、干しいたけのうまみ成分がすべて含まれています1)。こうしたうまみ成分は母乳にも含まれており2)、うまみは乳児の頃から慣れ親しむ味のひとつです。また、うまみによって少ない塩分でも食事をおいしく感じるため、健康的な味覚形成が期待できます。
1)荒木繁ほか. 温水抽出物による焼海苔の呈味性評価. 日本食品科学工学会誌. 1997, vol.44, no.6, p.430-437.
2)井戸田正. 特集, 母乳と人工乳母乳の成分─正しい理解と選択─: 母乳の成分: 日本人の人乳組成に関する全国調査─人工乳の目標として ─. 産科婦人科の実際. 2007, vol.56, no.3, p.315-325.

口どけのよい海苔について

海苔は一般に収穫時期の早いものほど、葉質がやわらかいため、口どけがよく(水分でとけやすい)、うまみを感じやすいのが特徴です。中でも最初に摘まれたものは「一番摘み」や「初摘み」と呼ばれます。こうしたやわらかいタイプの海苔は汎用品よりも少し高価ですが、食べやすいため、乳幼児期の食事に少しずつお試しください。

海苔の使い方ガイド

「子供はよく食べてくれるけど、いつ頃から、どれくらい、どのように食べさせたらいいの?」そんな疑問にお答えします!

  • 離乳期にはあらかじめ料理に加えてやわらかくするか、トロトロ海苔にしてから加えます。(週1〜2回からお試しください)
  • 量や月齢・年齢は目安です。お子様の成長にあわせてください。
  • 海苔1枚は全型(約19×21cm)を基準としています。(すべて焼き海苔を使用します)
親子

いろいろな形で!

トロトロ海苔

7か月くらいから
1食あたり1/8枚分
※海苔1/8枚分を細かくちぎり、小さじ2杯分の水を含ませたら電子レンジで加熱(500Wで30秒くらい)してとかし、熱をとります。

もみ海苔

9か月くらいから
1食あたり1/8枚分くらい
※なるべく口どけのよいものを細かくちぎって(5mm角程度)、スープやあえものなどに。

きざみ海苔

1歳くらいから
1食あたりひとつまみ
※少しかたいタイプが多いので水分をよく含ませて。

焼き海苔

2〜3歳くらいから
1食あたり1/4枚くらいまで
※なるべく口どけのよいものを食べやすいサイズに切って少しずつ。

いろいろな食べ方で!

食べ方の例、おかゆ、野菜スープ、海苔あえ、手づかみおにぎり、海苔サンド

(クリックで拡大します)

オススメの保存方法

使いやすいサイズに切り、密閉容器で乾燥剤とともに常温保存。

保存方法

密閉容器の例(当会オリジナル)

保存容器の例

パンフレットのご案内

このページの内容をまとめたミニパンフレットをお配りしています。ご利用を希望される方は、下記のご連絡事項をメールにてお知らせください。
ご利用は原則として、自治体等の公的機関、大学等の研究・教育機関、医院等の医療機関および保育・幼児教育に関係する機関、およびこれらのみなさまが関係されるイベント等とさせていただきます。
その他のみなさまでご利用になりたい場合は、その旨をお書き添えの上、お知らせください。

(仕様)

  • 三つ折りパンフレット
  • 100×100mm カラー 6ページ

(ご連絡事項)

  • お名前
  • ご所属
  • ご住所(郵便番号を含む)
  • お電話番号
  • メールアドレス
  • 用途(使用場所、イベント等)
  • 必要部数
  • お届け希望日

(ご連絡先)

  • mail@nori-japan.com

(クリックで拡大します)

パンフ表紙

(表紙)

パンフ外面

(外面)

パンフ内面

(内面)

ページトップに戻る