■のり基本編
のりのサイズ
のりの単位
のりの表裏

■のり生産・加工の
用語辞典

小間
支柱
摘採
等級
乾海苔

■人物辞典
キャサリン・M・ドリュー

 


基本サイズ=(タテ21cm)×(ヨコ19cm)
このサイズを「全型(ぜんけい)」という。

のり1枚(まい)は、タテ21×ヨコ19cm(メーカーによって、少(すこ)し差(さ)がある)が基準(きじゅん)だ。この1枚(まい)のサイズを「全型(ぜんけい)」という。この全型(ぜんけい)の大(おお)きさをもとに、それぞれの使い方(つかいかた)にあわせて、さまざまな形(かたち)にカットされているんだよ。


タテ21センチ×ヨコ19センチの基本(きほん)サイズ。
 
全型(ぜんけい)を半分(はんぶん)に切(き)った大きさ。ヨコに切る場合(ばあい)と、タテに切る場合がある。手まき用の海苔など。


全型(ぜんけい)を3等分(とうぶん)に切(き)った大(おお)きさ。おにぎり用(よう)など。
 
全型(ぜんけい)の4分の1サイズ。図(ず)のように十字(じゅうじ)に切(き)る場合(ばあい)と、タテ4等分(とうぶん)にする場合がある。


全型(ぜんけい)の6分の1サイズ。いろいろな料理(りょうり)に使(つか)いやすい大きさ。ミニ手まきやプチおにぎりにもぴったり。


 
全型(ぜんけい)の8分の1サイズ。おもに、おかず用の海苔として販売(はんばい)されている。

全型(ぜんけい)の12分の1サイズ。旅館(りょかん)やホテルなどの朝食(ちょうしょく)に登場(とうじょう)するのは、このサイズが多い。